IoT、Windows10、マイナンバー制度・・・ 世の中に溢れるIT関連の気になるキーワードについて、中小企業支援の観点から解説します

5. Raspberry PI (ラズベリー・パイ)

Raspberry PI (ラズベリー・パイ)、通称「ラズパイ」は、2012年に低価格なシングルボード・コンピュータです。5000円程で購入でき、小型ながらUSBポート、ネットワークIFを備えています。
pi.jpg

  • 安価で高機能かつ様々な用途が考えられることからクリエイターの遊び心を刺激し、発売当初から注目を集め、現在までに累計500万台を売り上げています。
  • 「デベロッパーが注目する100のテクノロジー2014」では、ゲーム開発に欠かせないUNREAL ENGINE4やUNITY5を抑えてRaspberry PIが1位に選出されています。
    http://www.develop-online.net/develop-100
  • OSには従来はLinuxの各ディストリビューションが提供する専用バージョンなどが使われていましたが、2015年7月29日に公開されたIoT向けのWindows 10である「Windows10 IoT」も起動可能となりました。

中小企業での利用

  • 高度な制御を安く組みこめることから、電子機器のパーツとして使用できます。
  • プリンタサーバのような単純な処理を行うサーバーとして、従来大型のサーバーを使用していた場合は置き換えが可能です。