IoT、Windows10、マイナンバー制度・・・ 世の中に溢れるIT関連の気になるキーワードについて、中小企業支援の観点から解説します

6.アップルウォッチその他の携帯端末

アップルウォッチは2015年に発売された携帯型端末です。その他にも、クラウドファンディングで資金調達し話題になったPEBBLEなど、2014~2015年にかけて時計型端末、いわゆる「スマートウォッチ」が多く作られました。apple.jpg

業務への利用

  • 現在はまだどのモデルもスマートフォンとの連携でメールやメッセージが表示できる程度で、情報機器としての機能はまだ低い といえます。
  • 現状で考えられる現実的な用途は、Bluetoothを利用した位置情報の発信装置(ビーコン)としての利用などです。
  • ビーコンとしての活用事例には、2014年にJALと野村総合研究所がiBeaconとスマートウオッチを活用した空港旅客業務の効率化に関する実証実験を行った例があります。( *1

*1 JAL×NRI、空港旅客業務の先進化に向け、iBeaconおよび スマートウォッチを活用した実証実験を開始
http://press.jal.co.jp/ja/release/201407/003001.html